スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よもぎくん物語

今年4月の初旬、わんずぺ〜すという犬の保護シェルターに、まだちびっちゃい6兄弟がやってきました。

yomoIMG_6159.jpg
彼らは沖縄の今帰仁村というところで、段ボールに入って捨てられていました。
沖縄のNPO法人である「わん'sパートナーの会」さんを経て、当日東京へやってきました。

沖縄では一度でも保健所に入ってしまうと、ワクチンをしていない犬からの
強力な感染症にさらされてしまうので、
小さい体に負担はかかりますが、思い切っての決断でした。
そして無事、東京についた6兄弟のうちのひとりが、よもぎくんです。

yomoIMG_6195.jpg
きりっ!
まだ生後2ヶ月に満たないかもしれない小さな体、でも食欲だけは底なしにありました(笑)

すくすく育ってきたところで、我が家で3週間ほどホームステイをすることに!
yomoIMG_7048s.jpg
早速おもちゃをかじるよもたん。

太郎ちゃんより小さい体で来たはず(6キロ台後半)が、返るころには8キロを超えていたのでびっくり!
運動神経抜群で、帰ると太郎よりも早いスピードでお出迎えにかけつけてくれました。
パピーらしく、どこに行くにもくっつきまわっていたよもぎくん。

yomo20140601191435989s.jpg
お散歩デビュー、最初こそ立ち止まったものの、すぐに上手に歩けたよね♪

その後シェルターへと帰りましたが、相変わらず人大好き、すくすく育っていたころ、yomoIMG_7235.jpg
お見合いー!
よもぎを気に入ってくださった方とお見合いをすることに。
トントン拍子でトライアル(お試し期間)が決まり、譲渡が決まりました!

新しいご家庭でとっても幸せそうなよもぎくんに、先日シェルターの同窓会で会うことができました。
yomoIMG_8407.jpg
現在約20キロ。大きな体で駆け回ります!

yomoIMG_8395.jpg
相変わらず人は大大大好き!


6きょうだいでぽつんと捨てられていた命ですが、今は家族の一員となり、
一緒に苦楽を共にして、いっぱい家族を笑わせる存在になっているのです。
全国で殺処分が絶えない日本。どんな命も、捨てて良い、なんてことは絶対にないのです。
どんなに大変でも、きっと何かをもたらしてくれる存在だと思うからです。

よもぎくん、これからも幸せにね!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。